2017年07月25日

医療翻訳で必須 MedDRAの活用

ライフサイエンス文書のローカライズにおいて切り離せない存在のMedDRA。

MedDRAは今から20年ほど前にICH(医薬品規制調和国際会議)で開発された、国際的な医薬用語集です。
現在ではマスター版の英語に加え、中国語、チェコ語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語そして日本語の11言語に展開されています。

医薬品の承認取得前から販売後まで、あらゆる文書に必要なMedDRAを、確実にローカライズの一部に組み込んで翻訳を進めていく必要があります。

けれど、意外と検索に手間取ったり、確認はしたのにタイポしてしまったりなどという経験はないでしょうか?

そのような場合は、翻訳支援ツールであるTradosを活用することで、用字用語のミスを防ぐことができます。

【プロセス】
1. 準備 -最新のMedDRAを翻訳支援ツールTradosに読み込んで、翻訳メモリ(データベース)作成
2. 翻訳 - MeDRAが登録された翻訳メモリを参照しながらTrados上で翻訳
3. レビュー - Tradosを使い、MedDRAの用語と差異がないかダブルチェックを行う

Trados上での翻訳作業画面
blog_必須アイテムMedDRAの活用.png

上記のようにMedDRAにない訳をすると自動でハイライトされます。
都度検索をする手間が省け、かつ自動的に用語検出がされるので、TradosにMedDRAを組み込むことでチェック時間短縮、抜け漏れ防止につながります。
posted by ヒューマンサイエンス at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳テクノロジー

2017年06月09日

翻訳支援tool 〜チェックツールの活用〜

弊社では、仕上がった翻訳を人の目によるフルレビューチェックツールによるチェックを組み合わせ、取りこぼしがないようにレビューを行っています。

それぞれ以下の観点でのレビュー、チェックを行うことができます。

人の目によるレビューの観点
・文章全体の自然な流れ
・前文からの繋がりを踏まえた翻訳
・内容を理解した奥行きのある翻訳

チェックツールの項目
・翻訳漏れ、文字化け、スペルミス、数値の一致を確認
・訳文、用語の統一を確認
・スタイルチェック

チェックツールを使用すると、下記のように機械的に単純な間違いを検出することができます。
blog_Check toolの活用_2.png

また、同じ単語に対して同じ訳がなされていない場合は下記のように自動で検出します。
blog_Check toolの活用_1.png

もちろん、意図的にと訳し分けている場合は人の目により一つひとつ判断しています。
機械チェックで画一的に同じ訳をあてられ違和感が残る文章にならないよう、文書の特性を十分理解して人と機械それぞれのレビューの割当を管理しています。

人が得意とする分野と、機械が得意とする分野をうまく組み合わせたレビューを行うことで、作業時間短縮とより確かな正確性を実現しています。

【ヒューマンサイエンス 医療翻訳・医薬翻訳サービス】
posted by ヒューマンサイエンス at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳テクノロジー

2017年03月14日

検証〜Google翻訳vsヒトの翻訳〜

ニューラルネットワークの活用で、翻訳機能を大幅に改善したGoogle翻訳。
仕事のEメールで何気ない言い回しや、ちょっとした調べ物に活用されている方も多いのではないでしょうか。

今回は、メディカル分野の翻訳に、どこまでGoogle翻訳が対応しているのか検証してみました。


検証したのは高齢者のESRD(末期腎不全)透析についてまとめたEdwina A. Brown著, MANAGING OLDER PATIENTS ON PERITONEAL DIALYSISより抜粋しました。

スライド1.PNG
意味は通じていますし内容も同じです。ただし、人の翻訳だと受動態を能動態に変えて訳していますのでよりわかりやすいです。

スライド2.PNG

Google翻訳の方は意味がよくわかりません。特に後半の一文は意味が通じていません。このように係り受けが複雑になると人の翻訳の方が向いているようです。


2例から、意味を理解する目的で、簡単な構文の文章ならGoogle翻訳は十分に活用できそうです。ただ、それらの文章もメディアなど外部発信用に利用する場合は人の翻訳の方が読みやすく、滑らかな文章になります。
複数の修飾節があるような少し煩雑な文章となると、現段階では人の翻訳のほうが適しています。


ちなみに、この論文の冒頭にLewis Carrollの著書、『不思議の国のアリス』の中で出てきた詩文が引用されていたのでこちらもGoogle翻訳にかけてみました。

スライド3.PNG

詩文や物語などはもともと機械翻訳に向いていないと言われていますが一目瞭然ですね。
“Stand on your head” は逆立ちの意味ですかGoogleでは検出されていません。イディオムによって翻訳の正確さには差があるようです。

今回は論文で検証してみましたが別の回では違う種類の文章で検証してみたいと思います。

【ヒューマンサイエンス 医療翻訳・医薬翻訳サービス】


医学 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 医学へ
にほんブログ村
posted by ヒューマンサイエンス at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳テクノロジー