2017年07月25日

医療翻訳で必須 MedDRAの活用

ライフサイエンス文書のローカライズにおいて切り離せない存在のMedDRA。

MedDRAは今から20年ほど前にICH(医薬品規制調和国際会議)で開発された、国際的な医薬用語集です。
現在ではマスター版の英語に加え、中国語、チェコ語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語そして日本語の11言語に展開されています。

医薬品の承認取得前から販売後まで、あらゆる文書に必要なMedDRAを、確実にローカライズの一部に組み込んで翻訳を進めていく必要があります。

けれど、意外と検索に手間取ったり、確認はしたのにタイポしてしまったりなどという経験はないでしょうか?

そのような場合は、翻訳支援ツールであるTradosを活用することで、用字用語のミスを防ぐことができます。

【プロセス】
1. 準備 -最新のMedDRAを翻訳支援ツールTradosに読み込んで、翻訳メモリ(データベース)作成
2. 翻訳 - MeDRAが登録された翻訳メモリを参照しながらTrados上で翻訳
3. レビュー - Tradosを使い、MedDRAの用語と差異がないかダブルチェックを行う

Trados上での翻訳作業画面
blog_必須アイテムMedDRAの活用.png

上記のようにMedDRAにない訳をすると自動でハイライトされます。
都度検索をする手間が省け、かつ自動的に用語検出がされるので、TradosにMedDRAを組み込むことでチェック時間短縮、抜け漏れ防止につながります。
posted by ヒューマンサイエンス at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳テクノロジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180447772
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック