2017年06月09日

翻訳支援tool 〜チェックツールの活用〜

弊社では、仕上がった翻訳を人の目によるフルレビューチェックツールによるチェックを組み合わせ、取りこぼしがないようにレビューを行っています。

それぞれ以下の観点でのレビュー、チェックを行うことができます。

人の目によるレビューの観点
・文章全体の自然な流れ
・前文からの繋がりを踏まえた翻訳
・内容を理解した奥行きのある翻訳

チェックツールの項目
・翻訳漏れ、文字化け、スペルミス、数値の一致を確認
・訳文、用語の統一を確認
・スタイルチェック

チェックツールを使用すると、下記のように機械的に単純な間違いを検出することができます。
blog_Check toolの活用_2.png

また、同じ単語に対して同じ訳がなされていない場合は下記のように自動で検出します。
blog_Check toolの活用_1.png

もちろん、意図的にと訳し分けている場合は人の目により一つひとつ判断しています。
機械チェックで画一的に同じ訳をあてられ違和感が残る文章にならないよう、文書の特性を十分理解して人と機械それぞれのレビューの割当を管理しています。

人が得意とする分野と、機械が得意とする分野をうまく組み合わせたレビューを行うことで、作業時間短縮とより確かな正確性を実現しています。

【ヒューマンサイエンス 医療翻訳・医薬翻訳サービス】
posted by ヒューマンサイエンス at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳テクノロジー

2017年05月08日

報告〜ITEM 2017の展示会に行ってきました〜

2017年4月14日(金)、パシフィコ横浜で行われた「2017 国際医用画像総合展 ITEM 2017」に行ってきました。

blog_展示会報告.jpg


招待状をいただいた出展企業様、どうもありがとうございました。

展示会では弊社が翻訳させていただいた製品に実際に触れ、動作を確認させていただく非常に貴重な経験をさせていただきました。

医用画像機器は普段の生活で触れることがないものなので、携わった翻訳がどのように活用されていくのかを確かめられる機会が滅多にありません。

そのため今回のようにエンドクライアントの方々に、実際に使用されているマニュアルや紹介ビデオの字幕を見ると非常に嬉しく感じました。

弊社ではマンモグラフィーをはじめとする画像診断機に加え、内視鏡、3D プリンタなど医療に関わる画像解析装置の翻訳を幅広く対応いたしております。

ただ機械的に文字から文字へと訳すのではなく、誰にどのような目的で読まれる文章かを意識して翻訳する重要さを改めて意識した展示会参加となりました。
posted by ヒューマンサイエンス at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2017年04月17日

報告〜財務翻訳セミナー実施しました〜

2017年4月6日(木)、「財務翻訳におけるテクノロジーの活用: 大手医薬品メーカー Annual Report 翻訳の事例を交えたハウツー講習 – IFRS対応」と題してセミナーを開催しました。

背景には2015年6月の「コーポレートガバナンス・コード」の適用により、ますます日本語/英語同時開示に対するモチベーションの増加、開示資料の英訳ニーズの高まりがあります。

今回のセミナーでは、正確性と専門性が求められるアニュアルレポートの翻訳と即時性が必要とされる決算短信や株主総会招集通知の翻訳を、ランゲージテクノロジーで推進していく方法についてお話しました。

blog01.pngblog02.png

セミナーの概要については、こちらをご覧ください。
http://www.science.co.jp/news/10939/

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

セミナー後に頂いた感想を一部ご紹介します。
● 手作業の翻訳をいかに効率化し、品質を高めているのかが理解できた。
● テクノロジーと人のサンドイッチチェックを実施していると聞き、取りこぼしがないように注意していることがよくわかった。なかでも数字間違いや過去訳流用時のケアレスミスを防ぐ方法は興味深かった。

弊社では財務翻訳のエキスパートが在中しており翻訳の監修をしています。
ご興味お持ちの方はお気軽にご相談ください。

【ヒューマンサイエンス 医療翻訳・医薬翻訳サービス】


医学 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 医学へ
にほんブログ村

posted by ヒューマンサイエンス at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告